白内障手術|竜ヶ崎市馴馬町の眼科・眼医者なら、坂西眼科医院

診療時間 日・祝
9:00~12:00
15:00~18:00

休診日:火曜午後・日曜
(月曜日が祝日の場合は火曜午後も診療いたします)
▲:水曜午後 予約診療のみ
★:木曜 手術日
※:土曜 9:00~15:00

〒301-0004
茨城県竜ヶ崎市馴馬町 2976-1

医院 電話 0297-64-2355
予約専用 電話 0297-64-1840

自動音声 24時間予約可能
LINEでの予約お知らせが可能になりました。ご来院の際に受付でQRコードを読み込んでください。
  • 地図
  • メニュー
竜ヶ崎市馴馬町・坂西眼科医院

白内障手術

白内障手術の3つの大きな進歩

白内障は、カメラに例えればレンズにあたる水晶体が濁る病気です。このため、眩しさを感じたり、 次第に視力が低下します。白内障が進行すると、瞳(ひとみ)が真っ白に見えることにより“白そこひ”とも 言われます。白内障の原因としては糖尿病、外傷などがありますが、もっとも多いのは老化現象によるもの です。高齢になると程度の差はあれ、ほとんどの人に認められますので、眼科医に白内障と言われたから といってそんなに心配する必要はありません。初期のうちは点眼液にて様子を見ますが、進行した場合は 手術が必要となります。昔から白内障手術は麻酔の注射が痛く、術後も絶対安静が必要で苦しいものである と思われてきました。手術への恐怖のため、生活に不自由を感じるほど見えなくなっても我慢している方も おりますが、最近の白内障手術の進歩はめざましく、従来の概念と大きく変わってきています。次に、 白内障手術に関する3つの大きな進歩をあげます。

進歩1「麻酔の進歩」

注射針をいっさい使わない、点眼麻酔により麻酔に伴う痛みも全くなくなりました。

進歩2「手術術式の進歩」

手術は顕微鏡下で眼を拡大して行うため、0.1mm単位の細かい操作が可能となりました。さらに、白内障を砕きながら吸引する超音波水晶体乳化吸引術と言われる手技により、手術成績が大きく向上しました。また最近は手術操作の重要な部分をレーザーで行うフェムトレーザー白内障手術も行われています。

進歩3「眼内レンズの進歩」

白内障を摘出後はレンズがなくなってしまうため、このままではピントが合いません。このため、眼内レンズと言われる人工レンズを摘出した白内障の代わりに眼内レンズを折りたたんだ状態で眼内に挿入します。創の大きさは2.0mm程度になり、殆どの症例で縫合の必要は有りません。また最近は従来の単焦点レンズに加え、2か所以上にピントの合う多焦点眼内レンズも使用されております。

以上3点の進歩により、術直後の安静も昔ほど必要なく、日帰り手術も可能になりました。しかし患者さんの負担 は軽くなったとはいえ、手術自体は従来にくらべ格段に難しくなっていますので、日帰り手術だからと言って簡単に 考えてもらっては困ります。手術後しばらくは自宅での療養が必要となります。 また、手術の時期は生活に不自由を感じたときであり、完全に見えなくなるまで待つ必要はありません。むしろ、 進行した白内障はかえって手術がやりにくいと言えます。

フェムトセカンドレーザー白内障手術(FLACS)

白内障手術で一番重要な過程は水晶体を包んでいる前嚢と言われる膜を円形に切除する過程と、超音波水晶体乳化吸引器を使用して水晶体を破砕吸引する過程ですが熟練者といえども毎回、同じ結果を得るとは限りません。これに対してフェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術(FLACS)ではこの重要な過程を人によるマニュアル操作に比べ確実、安全に行うことができます。このレーザーは近赤外線レーザーを極短時間照射し切開を行うものですが殆ど熱を生じないため、組織への侵襲が少ない安全な手術とされております。手術装置に内蔵する三次元光干渉断層画像診断装置(3D-OCT)により、角膜や水晶体のデータをリアルタイムに高精度で読み取り、その結果に基づいて最適な手術計画を設計します。
当院では多焦点眼内レンズ挿入時に主として使用しております。 現段階では保険適応ではないためフェムトセカンドレーザー白内障手術を希望される方は自費診療となります。手術代 および術前および術後3か月までの投薬、診療費を含め30万円(税別)となります。 詳細は医師にお尋ねください。

手術の実際

手術室とは別室のレーザー室にて行いレーザー後に手術室へ移動し消毒の上、白内障手術を行います。

  • フェムトセコンドレーザーを用いて水晶体前嚢の切開と水晶体の破砕を行います。

  • レーザー後に通常の白内障手術を行いますが、超音波の使用はほとんどなく眼に非常に優しい手術といえます。

  • 人工レンズの挿入

レーザーによる手術が受けられない方

まぶたを大きく開けられない方、瞳孔が大きく広がらない方、角膜に混濁がある方。

利点

高精度で再現性の高い手術(コンピューター制御により計画した通りの正確な切開や水晶体の細分化が行えます),眼への負担が軽減(水晶体を細分化、吸引する上で超音波の使用を最低限にできます),眼内レンズの中心固定(水晶体嚢を真円に切開することで、眼内レンズを中心に固定しやすくします。従って術後の眼内レンズのずれが少なく多焦点眼内レンズに適した術式です)

問題点

レーザー照射の際に、特殊な器具を眼にあてるため、白目に内出血を生じることがありますが通常は1週間程度で治ります。レーザーを用いても眼の状態によっては手術合併症の起きることもあります。当日の眼の状態によっては医師の判断で、レーザーによる手術ではなく通常の白内障手術を選択する場合があります。