2ホーム / 多焦点眼内レンズ(焦点深度拡張型レンズ)

多焦点眼内レンズ(焦点深度拡張型レンズ)

白内障はカメラに例えればレンズに相当する水晶体が混濁するために視力低下を生じる疾患であり、根本的な治療は手術しかありません。手術は混濁した水晶体を摘出して人工の眼内レンズを挿入します。従来はピントが一箇所の単焦点レンズが多く使われていました。このレンズは長い歴史がある非常に優れたレンズでありましたが、唯一の欠点は1か所しかピントが合わないということです。従って遠くにピントが合っている場合では、近くを見る際には老眼鏡が必要になります。また近くにピントが合っている場合は遠くを見る際には、遠くを見る眼鏡が必要になります。これに対し多焦点眼内レンズは2か所以上にピントが合うレンズであり、眼鏡をかける頻度を減らすことが可能です。ただ下記のような問題点もありますので以下の説明を良くお読みください。手術自体は通常の白内障手術と同じで挿入する眼内レンズが違うだけです。当院では従来の多焦点眼内レンズに比べ、コントラストの低下が少ない新しい焦点深度拡張型レンズを導入しました。このレンズは従来の多焦点眼内レンズに比べコントラスト感度の低下が少ないとされております。また遠方、中間距離、近方の3ヵ所にピントの合うレンズも扱っております。

新しい多焦点眼内レンズ

従来の多焦点眼内レンズ

新しい多焦点眼内レンズ

従来の多焦点眼内レンズ

新しい多焦点眼内レンズ(symphony)


● 多焦点眼内レンズの問題点

  1. 夜間の光のにじみなどの為、運転がしにくい時がある。
  2. 視力の回復が遅く慣れに時間のかかることがある。
  3. 単焦点レンズに比べ、コントラストが落ちる。
  4. 保険が使用できず費用が高額

以上の欠点がありますが、長時間の読書などの近用作業時や夜間の運転時以外は眼鏡の必要が無くなり、日常生活はだいぶ楽になります。万一、どうしても見え方に慣れない場合はレンズの入れ替えも可能です。


● 手術の費用(シンフォニー,ファインビジョン、ミニウエル)と先進医療

 

保険は適用されませんが、先進医療保険に入っている方は手術費は後で戻ります。術前、術後の検査や投薬は保険診療になります。当院は厚生労働省認可の先進医療(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術)認定施設です。
手術料(シンフォニーなどの先進医療対象のレンズ) 片眼 45万(税込み)
また3重焦点レンズのファイン ビジョンおよびコントラスト感度の低下が極めて少ない多焦点レンズであるmini well readyも扱っております。手術料は自費診療となり、 片眼 45万円+消費税、術前の投薬、診察、手術、術後3ヶ月までの投薬、診察料 を含め48万6千円となります。 なお多焦点眼内レンズ手術の場合、原則としてフェムトセカンドレーザー使用の白内障手術になります。


● ファインビジョン

ファインビジョン

ファインビジョンはベルギーphysIOL社により開発された眼内レンズで、遠くと近く,中間距離の3点に焦点が合う眼内レンズです。従来の多焦点眼内レンズに比べ、中間距離にもピントが合うのが大きな特徴です。


● mini well ready

mini well ready

mini well readyはイタリアSIFI社により開発された眼内レンズで近方視はやや弱いですが、従来の多焦点眼内レンズに比べコントラスト感度の低下が無く、遠方から近方まで鮮明な見え方が可能です。特に夜間に運転をされる方にお勧めです。