ホーム / 硝子体注射(抗VEGF療法)

硝子体注射(抗VEGF療法)

糖尿病性網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性症などでは、眼底に出血や浮腫を生じますがこれらの出血や浮腫は、網膜内の毛細血管から血液成分が漏れ出すのを促すVEGF(血管内皮増殖因子)という物質によって引き起こされます。
抗VEGF阻害薬療法はこのVEGFの働きを抑える薬剤を眼内に注射することで血液成分の漏れを抑制する治療法です。眼への注射と言うと怖い感じですが、麻酔の点眼のみで殆ど痛みは感じなく1分程度で終わります。
ただし眼内への注射のため、感染が問題になります。注射は手術室で十分な消毒を行った上行いますが、患者様も注射当日はお風呂に入らない、指示された点眼をきちんと行う、翌日必ず受診することが必要です。問題点としては高額であることや多くの例では何回かの注射が必要になるなどがありますが、症例によって注射回数などが異なりますので詳細は医師にお尋ねください。