ホーム / トピックス

トピックス

2018/06/15
この度茨城県で初めて暗所支援メガネ HIKARIを導入しました。網膜色素変性症の方に有効であると思います。ご希望の方は院内でお試しいただくことが可能です。
2018/05/19
待合室にゆかいな生き物、残念な生き物、あけちゃダメなどのお子様に人気のある絵本を置きました。
2018/04/14
多焦点眼内レンズなどの術前検査に有用なコントラスト感度測定用の視力表が導入されました。通常の視力よりもより実用的な視力が測定できます。
2018/03/26
カシア導入により当院のOCTが3台になり、前眼部OCT,乳頭OCT,OCT血管造影(アンジオ)の何れも可能になりました。
2018/03/26
当院坂西良仁医師がフェムトセカンドレーザー白内障手術カタリス認定医になりました。
2018/03/15
最新の前眼部OCTであるカシア2を導入いたしました。多焦点眼内レンズ、緑内障、ICL手術に有用です。
2018/02/13
3重焦点レンズのFINE VISIONおよび新しい焦点拡張型レンズであるmini well readyを導入いたしました。
2018/01/18
坂西良彦医師がフェムトセカンドレーザー白内障手術装置カタリスの認定医を取得いたしました。
2017/12/28
最新の白内障手術機器であるフェムトセカンドレーザー白内障手術装置カタリスが設置されました。
2017/03/04
詳細な黄斑疾患の診断に有用なドイツツアイス社製のOCTアンジオが設置されました。黄斑部付近の網膜血管の詳細が蛍光眼的検査なしでわかります。
2017/03/04
ハンフリー視野計がさらに1台設置されました。当院の視野計はハンフリー型2台、オクトパス1台、FDT1台、ゴールドマン型1台の計5台になり、視野の待ち時間が減少します。
2017/03/04
学校前やお仕事前の方の為に9時前の検査を開始しました。2名の予約制ですのでご希望の方はお申込みください。
2017/03/04
眼の人間ドッグを開始しました。詳細は眼の人間ドッグのご案内をご覧ください。
2016/12/18
Eーメールにによる予約確認と事前確認メールサービスを開始しました。
 
2016/12/01
院内で無線LANを使用できるようになりました。。
2016/10/31
白内障手術の際に使用する眼内レンズの度を測定するIOLマスターが最新の700シリーズに更新されました。。
2016/09/30
硝子体手術用のリサイトを導入いたしました。
2016/01/08
視野計が最新機種であるハンフリー800シリーズに更新されました。
2015.01.15
 
網膜光凝固術が効率良く行えるルミナス社製パターンスキャニングレーザー装置が導入されました。
2013/6/18
2階手術室および病室のリニューアル工事が完了いたしました。手術後の休憩には電動式のリクライニングチェアーでお休みいただけます。
2013/6/18
毎週金曜日の午前、順天堂大学浦安病院眼科坂西良仁医師による診療が開始されました。専門領域は網膜硝子体疾患、白内障、小児眼科です。
2013/6/18
視野、眼底検査などの結果を診察室のディスプレイで見れるファイリングシステムを導入しました。
2013/3/16
当院のレーシックが週刊ダイアモンドに紹介されました。
2013/2/9
当院が週刊朝日2月9日号特集“手術数でわかる病院の実力”で紹介されました。
2012/11/18
当院に設置の眼底カメラTx200についての学会発表をおこないました。
2012/11/12
院長がファイザー製薬主催の講演会にてレーシックなどの最新の屈折矯正手術に関して講演を行いました。
2012/07/28
院長が参天製薬主催の講演会にてレーシックなどの最新の屈折矯正手術に関して講演を行いました。
2012/07
当院看護師今野桂子の眼科看護に関する論文が掲載されました。
2012
円錐角膜に対する画期的な治療法であるCrosslinking(クロスリンキング)と言われる治療法を導入いたしました。
2012/03
瞳を開かないで眼底の殆んどを観察できるオプトス200TXといわれるレーザー検眼鏡を導入しました。
2012/01
老眼手術(CK)に関する論文が掲載されました。
2011/12
最新の白内障手術器械であるインフィニテイ・オジルIPを導入しました。
2011/11
最新の老眼手術に関する論文が掲載されました。
2011/11
当院のエキシマレーザーに付属している眼球回旋測定装置を使用した眼球の回旋に関する発表をおこないました。
2011/10
「眼科最新手術」にCKについての論文が掲載されました。
2011/10
茨城県で初めて手術用顕微鏡ツアイス社製ルメラ700 を導入いたしました。
2011/05/10
診察室、中待合室、検査室のリニューアル工事が完了いたしました。
2011/04
このたび日帰り硝子体手術を開始いたしました。
2011/03
坂西眼科医院が雑誌CLINIC BAMBOOに紹介されました。
2010/11/7
レーシック術後合併症につき講演しました。
2010/10
坂西眼科医院が雑誌CLINIC BAMBOOに紹介されました。
2010/09/11
眼瞼下垂手術の第一人者である眼形成専門医による眼瞼下垂手術を開始いたしました。
2010/08/03
最近の眼科の進歩というテーマでヘルス講演会にて講演しました。
2010/06/26
シンポジウム「老視の手術的矯正」にて、「CK」というタイトルで招待講演を行いました。
2010/06/12
外構リニューアル工事が終了しました。
2010/06/12
「老眼」受けた人の98%が裸眼で新聞が読めたと評判!目に特殊な電波を当てるだけの新手術を「夢21 7月号」にて執筆いたしました。
2010/06/12
白内障の最新手術法である「プレチョップ法による水晶体超音波乳化吸引術を行う主な病医院」に紹介されました。
2010/03/23
眼科最近の進歩について興和創薬眼科勉強会にて発表いたしました。
2010/01/15
最新の屈折矯正手術についてというテーマにて特別講演を行いました。
2009/11/29
屈折矯正手術後眼に対する前眼部OCT検査の有用性について発表いたしました。
2009/11/20
塗るだけでまつげが長く、太くなる薬「ラティース」の処方を始めました。
2009/06/27
熱伝導角膜形成術:Conductive-keratoplasty(CK)による老視矯正についてシンポジストとして発表いたしました。
2009/06/19
受けた人の98%は老眼鏡が不要になる老眼の新手術[CK療法]を雑誌「わかさ6月号」にて執筆いたしました。
2009/06/19
プレチョップ法による水晶体超音波乳化吸引術を行う主な病医院として紹介されました。
2008/10/26
CK術後の高次収差につき、筑波大学と共同発表を行いました。
2008/10/24
LASIKなどの術後に、新しい角膜形状解析装置であるPentacamを用いた症例について報告しました。
2008/10/12
当院で使用している最新型エキシマレーザーを用いたカスタムレーシックの手術成績について報告しました。
2008/10/12
老眼の新手術として雑誌「夢21」においてCKが紹介されました
2008/07/07
動体視力計を導入いたしました。
2008/07/07
網膜の断層像を詳細に観察できるOCTを導入しました。
2008/06/23
当院の老眼治療(CK)が日刊ゲンダイで紹介されました。
2008/06/20
Conductive-keratoplasty(CK)のノモグラムというタイトルで日本眼内レンズ屈折手術学会総会にて発表いたしました。
2008/05/10
CKによる老眼治療について、関東甲信越地区眼科医会連合会報に掲載されました。
2008/03/30
新しい角膜厚測定装置であるPentacam®HRと従来の装置Pentacam®の比較について、第39回筑波大学眼科集談会にて発表いたしました。
2008/02/02
CK手術後の戻りと近方視力との関連につき、日本眼科手術学会総会にて発表いたしました。
2008/02/18
この度、当院では角膜形状測定装置、ペンタカムの最新機種であるペンタカムHRを日本で初めて導入しました。
2008/01/21
この度、当院では東日本で始めて(含東京)カスタムレーシック対応のエキシマレーザー機器であるニデックCXⅢを導入しました。
2007/12/10
白内障術後眼内レンズについて眼科プラクティス18「前眼部アトラス」上に執筆しました。
2007/11/19
CK手術が受けられる医療機関として、雑誌「安心12月号」に掲載されました。
2007/11/10
レーシック・CKなどの最近の近視・老眼治療の進歩について講演しました。
2007/11/4
当院のCK手術100眼の統計について報告しました。
2007/10/22
当院の老眼手術が雑誌「わかさ12月号」に掲載されました。
2007/10/09
この度、心臓発作などで意識のない患者さんに対する蘇生装置であるAEDを導入いたしました。
2007/10/09
この度、白内障手術の際に眼内に挿入される眼内レンズのパワーをより正確に測定できるIOLマスターという機器を導入いたしました。
2007/09/25
この度、CK手術専門のクリニックを銀座にオープンいたしました。
2007/06/29
日本で初めて白内障術後乱視に対するConductive-keratoplasty(CK)を行い、第22回日本眼内レンズ屈折手術学会総会にて発表を行いました。
2007/06/24
CKについて第1回眼抗加齢医学研究会講習会にて発表を行いました。
2007/05/25
Conductive Keratoplasty(熱伝導角膜形成術)について雑誌「あたらしい眼科」上に執筆しました。
2007/05/14
待合室の内装リニューアル工事が完了いたしました。
2007/05/14
著書「最先端 近視・老眼治療のすべて」を出版しました。
2007/05/14
当院の老眼手術について雑誌「夢21」に紹介されました。
2007/02/05)
conductive-keratoplastyによる遠視・老視の治療について眼科プラクティス「13角膜外科のエッセンス」上に執筆しました。
2006/02/04
筑波大学眼科集談会において白内障術後乱視に対してConductive-keratoplasty(CK)をおこなった1例について発表を行いました。
2007/02/05
日本眼科手術学会において老視に対するCKについて発表を行いました。
2006/12/18
当院の白内障手術、及び老眼手術についてデイリースポーツ紙に掲載されました。
2006/11/13
この度、新しい緑内障のレーザー治療法であるSLT(選択的レーザー繊維柱帯形成術)を導入いたしました。
2006/10/16
レーシック術後の老眼に対して、日本で初めてCKを行った症例について学会報告いたしました。
2006/06/20
当院のCK手術について日刊ゲンダイより取材がありました。
2006/06/17
日本眼内レンズ屈折手術学会総会においてCKの早期臨床成績について発表を行いました。
2006/06/04
関東甲信越眼科学会において最新の白内障手術や屈折矯正手術などの最近の眼科の進歩について講演しました。
2006/04/17
当院の白内障手術について雑誌「夢21」に紹介されました。
2006/02/10
CK手術に関して日本で初めて眼科学会での発表をおこないました。
2006/02/05
最新の角膜形状測定装置であるペンタカムについて講演しました。
2006/01/30
日本眼科手術学会総会にてLASIKの合併症について講演しました。
2006/01/16
当院医師、坂西良彦がRefractec社ホームページに日本のCK手術医として登録されました。
2005/11/20
CK手術に関して日本で初めて全国の主なレーシック術者が集まる会議(ニデックユーザーズミーティング)にて発表しました。
2005/10/23
新しい近視手術方法であるEpi-LASIKについて学会発表を行いました。
2005/10/03
当院医師、坂西良彦が日本初のRefractec社認定CK手術医となりました。
2005/08/25
CKについてのQ&Aを追加。
2005/08/25
角膜形状測定装置ペンタカムの導入を追加。
2005/07/04
エピレーシックとはを追加。
2005/07/04
新機械・治療の導入についてを追加。
2005/07/04
ボトックス治療を追加。
2005/06/20
遠視・老眼に対するCK(伝導式角膜形成術)のモニターを募集を追加。
2005/06/20
最新の白内障手術装置インフィニティの導入についてを追加。
2005/05/16
患者様の個人情報保護に対する当院の考え方を院内に掲示しております。
2005/05/16
当院の照会先リストを追加
2005/01/28
フレックススキャン-PRKとラセック(LASEK)の比較につき日本眼科手術学会にて講演しました。
2004/11/28
最新の白内障手術である、プリセットIOLシステムについて講演しました。
2004/11/15
ボツリヌス菌トキシンに関するご説明を追加
2004/10/18
最新のPRKといえるFlex-Scan PRKについて、 全国の主なレーシック術者が集まる会議(二デックユーザーズミーティング) にて発表しました。
2004/08/02
エキシマレーザーのバージョンアップ(ウェーブフロント理論に基づいた照射方式)のお知らせを追加。
2004/05/17
トランスエピテリアールPRK(Flex-Scan PRK)を追加。
2004/03/01
画像ファイリングシステムの導入を追加。
2004/01/07
院長による学会活動の項目を追加。
2003/06/16
著書「最新 近視治療オールガイド」を出版しました
2003/06/16
24時間自動診察予約受付システムを導入しました。
2003/03/05
40歳以上の17人に1人が緑内障であることが判明を追加。
2003/03/05
新機器(OPDスキャン)を導入の項目を追加。
2002/11/06
アイトラッキングシステムの項目を追加。
2002/11/06
三杆法による深視力検査について。
2002/07/12
ボツリヌストキシンによる眼瞼痙攣の治療を開始しました。
2002/05/20
涙点プラグの項目を追加。
2002/05/20
緑内障の早期発見用機器(FDTスクリーナー)の項目を追加。
2002/04/15
LASEKとはを追加。
2001/12/28
オルソケラトロジーの項目を追加。