ホーム / 緑内障レーザー治療(SLT)

緑内障レーザー治療(SLT)

SLT(選択的レーザー繊維柱帯形成術)について

当院では緑内障に対する最新治療であるSLT(選択的レーザー繊維柱帯形成術)を導入しています。緑内障の原因の一つは眼の中の水(房水)の出口である繊維柱帯が詰まることにより房水の排泄が悪くなり、眼圧が上昇するととされており、本治療法はヤグレーザーを使用することにより、この詰まりを減らすことが出来ます。外来にて短時間で行うことができ、治療に伴う痛みは全くありません。また他のレーザー治療に比べて殆ど副作用が無く、また従来おこなわれていたアルゴンレーザーによるレーザー治療と異なり、繰り返し行うことが可能です。対象は開放隅角緑内障または正常眼圧緑内障の方で、これらの方は最初に受けて良い治療法だと思います。また毎日点眼するのは面倒だという方にもお勧めです。費用は1割負担の方は約9,000円、3割負担の方は約27,000円です。


SLT(選択的レーザー繊維柱帯形成術)に用いる機械につきましては、日本ルミナス社のホームページをご覧下さい。